塗装工事業のホームページに必須なコンテンツやキーワードを紹介!

  

      
塗装工事業のホームページに必須なコンテンツやキーワードを紹介!

塗装工事業」のホームページにおける、必要なコンテンツやキーワードについて解説します。
ホームページ集客はホームページを作って終わりではなく、ユーザーにとって有意義なコンテンツを作り続けることが重要です。

塗装工事業のホームページを調査してみたところ、ホームページを持っていない企業も少なくありません。
正しいホームページの運用を続けることで競合と差を付けることも難しくはないでしょう。
ユーザーに対して有益なコンテンツを作り続けることで集客や売り上げに繋がるはずです。

塗装工事業のホームページに必要なコンテンツやキーワードについて確認してみましょう。

事業内容

事業内容

事業内容は企業のホームページに必須のコンテンツだと言えます。
この企業では何ができるのかをユーザーに分かりやすく伝える必要があります。
「事業内容」がよく使われていますが、「業務内容」や「事業案内」としても良いでしょう。

塗装工事業の場合、一般住宅塗装や橋梁塗装などのジャンルによってターゲットになるユーザーが異なります。
一般住宅の塗装のみに絞ってみても、外壁塗装や屋根塗装に対応しているのか、木部塗装や鉄部塗装のどちらに対応できるのかでも大きく変わってきます。
「どんな建物向けの塗装なのか」、「請け負うことができる施工の種類」、「塗装の効果」などを掲載することで自然にキーワードを含めることができます。

事業内容の説明には画像や動画を使うことが効果的で、ユーザーにわかりやすく紹介することができます。
あわせて塗装をするメリットなどの解説を掲載することで、ユーザーに塗装の必要性をアピールすることができます。
企業側では当たり前のような知識でも、ユーザーが知らない情報はたくさんあります。
どれだけユーザーに対して優しく解説してあげられるかがポイントです。

注意したいのは、事業内容の説明に専門用語をたくさん使ってしまうことです。
専門用語を使うことで説明が簡略化できるメリットがある一方で、知識がないユーザーを置き去りにしてしまうデメリットがあります。
せっかく興味を持ってホームページに来てくれたユーザーの離脱に繋がる恐れがあります。
どんな人にでも伝わるような単語を選んでわかりやすく説明することを心掛けましょう。

専門用語の配分に関しては、狙っているユーザー層に応じて調整した方が良いでしょう。
高齢者が対象の場合は難しい言葉を使っても理解されにくい可能性が高く、若者が対象の場合は専門用語があった方が信頼性が増す可能性があります。

施工事例

施工事例

施工事例は企業の実績をユーザーに紹介するページになり、塗装工事業においても施工事例は必須のコンテンツです。
「施工事例」がよく使われていますが、「施工実績」や「実績紹介」としても良いでしょう。

施工事例はユーザーに対して完成品を見せるページで、ユーザーが企業に依頼するかどうかを検討する際の判断材料になります。
施工事例は具体的であればあるほど良いので、妥協せずに完成度の高いページを作りましょう。

案件毎にアイキャッチを設定し、施行日や地域名などを入れることで、ユーザーのイメージをより具体的にすることができます。
施工前と施工後の画像を掲載して外観のビフォーアフターを見せたり、可能であれば施工のきっかけや選んだ理由などのような「お客様の声」があると、よりユーザーのニーズと一致する確率が上がります。

施工事例のページが質素だと、ユーザーに冷たい印象をもたれてしまう恐れがあります。
どんな風に対応したのかを具体的に掲載することで、親身に対応してくれたことがユーザーに伝わります。
担当者からのコメントなどがあるだけでも印象は大きく変わるはずです。

ブログ

ブログ

ブログは個性が最も表れるページであり、塗装工事業のホームページにおいて競合と最も差を付けられるページです。
企業について積極的に紹介できるページで、他の企業にはないオリジナルコンテンツが掲載できます。
独自性のあるコンテンツは検索エンジンからも評価されるので、ブログを更新してホームページの価値を高めましょう。
ブログと簡潔にするよりも、「現場ブログ」や「社長ブログ」など、ブログの趣旨がわかりやすい方が良いでしょう。

ブログの内容は塗装工事業と関連性が高い内容であるべきです。
検索エンジンがコンテンツを評価する際、「専門性」や「権威性」などを評価基準にする傾向があります。
塗装の素人が書いたブログよりも、塗装の専門知識を有する人が書いたブログの方が評価されやすいということです。
塗装について掘り下げる記事や、塗装と関連性が高い施工などの記事を書くことで、専門性や権威性の高いコンテンツを増やすことができます。

ただ関連性がある記事を書くだけではなく、塗装に関するユーザーの疑問やニーズなどの「ユーザーが知りたいこと」についての記事を書きましょう。
例)

  • サイディングやALCなどの外壁材と塗装の相性
  • ウレタンやフッ素などの塗料の性能や値段の比較
  • DIYに役立つ塗装のコツ
  • ペンキの塗り方や綺麗に落とす方法
  • 企業や従業員が取得した資格や賞 など

ホームページ内では取り扱っていないようなニッチな情報でも、ユーザーの悩みを解決できる可能性があります。
悩みが解決できるコンテンツを増やしていくことで信頼を獲得することができます。

ブログの記事数を増やすことでキーワードを幅広く網羅することができます。
検索エンジンでヒットするキーワードが増加し、ユーザーに認知されやすくなります。

流入が多いキーワードの特徴とポイント

塗装工事業のホームページへの流入数が多いキーワードの特徴をまとめました。

「塗装+地域名」
ほとんどの塗装工事業のホームページで流入が多かったキーワードです。
TOPがインデックス(表示)されやすい傾向があり、「〇〇塗装(例:外壁塗装)+ 地域名」のような具体的な塗装の種類が含まれていることが多いです。
都道府県で区切ると範囲が広すぎるため、市町村(例:札幌)などで区切ることをオススメします。
「企業名」
次いで多かったのが企業名のみのキーワードです。
こちらはTOPや会社概要がインデックスされやすい傾向があります。
上位表示されやすく売り上げに繋がりやすいキーワードですが、企業名がユーザーに認知されなければ検索されないキーワードでもあります。
「商品名(サービス名)」
企業独自の商品やサービス名がキーワードになるパターンもあります。
競合にはない商品やサービスを展開することで差別化を図ることができます。
企業名を使ったキーワードと似たようなニーズや傾向があると言えます。

塗装工事業のホームページを調査したところ、上記のキーワードからの流入が目立ちました。
特に地域名を絡めたキーワードからの流入が多いため、ホームページに地域名を含めるのは必須事項だと言えます。
商品名やサービス名は競合と差別化ができる武器になるので、ホームページ内でしっかりと紹介しましょう。

逆に言ってしまうと、上記キーワード以外からの流入はあまり多くはありません。
ユーザーのニーズに応えられるコンテンツを作り、ユーザーが流入するキーワードを増やしていくことが重要です。

まとめ

塗装工事業のホームページに必要なコンテンツについてまとめてみました。

ホームページのコンテンツを充実させることでユーザーからの認知度を高めるだけでなく、検索エンジンからの評価にも繋がります。
検索エンジンで上位に表示されることができれば、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。

コンテンツ作りのコツは、ユーザーのニーズを調べてわかりやすく解説することです。
専門用語をあまり使わずにわかりやすい言葉で伝えて、画像や動画などを使った視覚だけで伝わるようなコンテンツを作りましょう。
ユーザーにとって優しいコンテンツ作りをすることで、自然と検索エンジンからの評価も上がっていくはずです。

塗装工事業のホームページへの流入を増やすポイントはブログの更新です。
「塗装+地域名」や「企業名」からの流入が多い傾向がありますが、それ以外のキーワードからの流入を増やすことが大切です。
ターゲットにしているユーザー層が抱えている悩みを解決できるような記事を書いてみましょう。

ホームページによる集客は長期的に見るとかなり大きな効果が期待できることがわかります。
焦らずに少しずつホームページを育てていきましょう。

ホームページのコンテンツやキーワードについてもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~18:00)